くじらメモ

Web周りとかヤクルトとか将棋とか

新卒の頃の話

話半分で読んでください

僕自身のITエンジニアのイメージってものづくりが好きな人のイメージだったんですね。

できるエンジニア像のイメージも
「ものづくりが好きで純粋な興味で新しい技術を触って〜OSSとかも積極的に貢献して〜」
っていう。ちょっと理想像もすぎるんですけどね。

ITの世界に入りたいなーなんて思ったのが中学くらいの頃、15年前位ですか。
その時はIT=デスマーチな感じで苦労話もよく聞いてました。
でもやっぱり当時のハッカー文化にすごい憧れがあったのと、コンピュータに関わる仕事に就きたいなんて周囲に言いふらして引っ込みがつかなくなったのもあり、今はWebエンジニアとして細々とやらせてもらっています。

僕が1年目〜2年目のあたりまではSES*1デスマーチの現場を引いたりしてましたが、最近はそんな話も聞かなくなり、気持ち少なくなってきたのかもって思います。

かといって中学の時夢見ていたものづくり好きが生息しやすいIT業界にシフトしているかというとそうとも思わず、
ものづくりが好きより意識高くビジネスライクみたいな流れが強くなってきてる感があって追いつけなくなったりしてます。
下手したら僕みたいなタイプは数年後淘汰されるんでしょうかねー


そんな訳でキラキラしていた新卒で出向した現場での話です。
いわゆるSIer*2の会社で燃え盛るプロジェクトに油をぶちまける仕事に従事してました。
作業そこそこに当時タバコ吸ってた僕は喫煙所で一服しているとなにやら身なりの立派なお兄さんが隣にきて挨拶してくれました。
曰く、別プロジェクトで同じくパートナーとして出向された方とのことで、
親しみやすい人柄だったのもあり、
LINE交換しようということになりました。

その日の夜、例のお兄さんからLINEが。
「よろしくお願いしますー」的なやつかなと思って開いてみると、

「今日はありがとうございました!これからも仲良くしてください!」

あっはい!よろしくお願いします!

「それでなんですが、こんな投資セミナーに興味ありませんか」

え?

いやいや、そういうタイプなの?
しかも別プロジェクトとは言えおんなじ職場でこれからも喫煙所で会うんだよ?
後ろめたさとかないんすか?

流石にドン引きしてその日は返信返しませんでした。
次の日、またお兄さんからLINEが。

「昨日はすみませんでした」

そうですよねーちょっと友好度が足りなすぎますよねーそんな軽い男じゃありません。
本来はそこで縁を切るべきなんでしょうが、
根は悪い人ではないのと、これからも(嫌でも)顔合わせる訳なんでまあ
「大丈夫ですよ」と済ませてました。
その後は多少見えない心の壁あれどしばらく喫煙所で挨拶や雑談程度はしていたと思います。

しばらくしてそのお兄さんは契約が切れて現場を出ることになりました。
仲良くしてくれてありがとうございましたーなんて喫煙所で挨拶してお兄さんをお見送りしました。

数日後、お兄さんからLINEが。
おっ現状報告かなと思って開いたら

「このセミナー行ってみませんか?もしよかったら連絡ください!」

えーっ!お兄さん1ミリも反省してない!!

流石に以降返信はしていません。
でも実はまだお兄さんのLINEブロックしてないんです。
TLを見てみるとどうやら今も怪しげな投資話の宣伝をしているようです。

まあそういう人が一人居てもいいんじゃないと思って話半分で読ませてもらってます。

*1:別の会社のプロジェクトにお手伝いに行くこと。ネットでdisられがち。

*2:依頼されたシステムをオーダーメイドで開発する仕事。やっぱりネットでdisられがち

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ IT系サラリーマンへ