くじらメモ

Web周りとかヤクルトとか将棋とか

まわり将棋は技術だ(先崎学九段著)を読みました

前作「先崎学の浮いたり沈んだり」についてはこちら

balaenopera-1.hatenablog.com

先崎学の浮いたり沈んだり」に続く先崎学先生のエッセイ集の第二弾です。

今作も先崎先生の日常や世の中のこと、将棋界やプロ棋士のエピソードについて先崎先生の視点から面白くも鋭い視点で書かれています。

コンピュータ将棋についての話や、あとがきでの当時の将棋の人気のなさと囲碁ブーム(当時はヒカルの碁がやってた頃です)の考察は意外と今のそれに当てはまったのかなと思います。
(もちろんそんなつもりで書いていたわけじゃないとは思いますが)

先崎先生のエッセイは軽い読み物として観るだけの将棋ファンにもおすすめかなと思います。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ IT系サラリーマンへ