くじらメモ

Web周りとかヤクルトとか将棋とか

実際に指してみたい観る将の方へおすすめの棋書

将棋の棋力は将棋ウォーズ10切れ初段程度なので偉そうなことは言えないですが、 abemaやニコ生で将棋中継を観戦するようになって(観る将っていうそうです) 自分でも指してみたいなっていう方に向けて手元の棋書で個人的におすすめなものをご紹介できればと思います。

  • 振り飛車党なので振り飛車の棋書を紹介します。
  • 基本的な駒の動かし方は知っている程度の方向けです。
  • 記事のリンク踏んでも僕にお金入らないので安心してください。

個人的におすすめの棋書(初めての人向け)

さばく! 振り飛車教室(久保利明著)

Amazon

いろんな戦法ありますが僕自身は振り飛車*1中心によく指します。 この本は振り飛車の様々なタイプ毎に基本的な戦い方を紹介しています。

この本で振り飛車の基本的な考え方を学んで弱いコンピュータに色々な戦法を試して、 やってみたい振り飛車を決めるのがいいかなと思います。

四間飛車を指しこなす本シリーズ(藤井猛著)

amazon

振り飛車教室は振り飛車全般を紹介する本ですが、こちらの本は四間飛車*2に絞って具体的な指し方を覚えることができます。 棋書としてはいわゆる次の一手形式で、1ページにお題の局面があって、その局面の最善手を考えて次のページで答え合わせという形式です。 基本的には最初の問題から連続しているので、手の流れに沿って相手の出方に対する考え方が理解できると思います。

初めての方におすすめとしてよく挙げられるこの本ですが、 全く振り飛車が初めてか居飛車から転向(僕とか)の場合は振り飛車教室から入るのがおすすめな気がします。
所々振り飛車らしい手なるいうものが出てきますが、初心者や棒銀で攻め一辺倒みたいな居飛車党にとってはなぜこれが振り飛車らしいのかを理解することが難しい気がします。

詰将棋ハンドブックシリーズ(浦野真彦著)

Amazon

詰将棋本では有名なシリーズです。 1手詰~7手詰まで揃っています。

初めての方には1手~3手がおすすめだと思います。

3手詰でも一瞬「ん?」って悩んでしまう問題もあり、 ある程度慣れた方でも3手詰は一回読んで欲しいかなと思います。

寄せの手筋200(金子タカシ著)

Amazon

正直前述させて頂いた棋書ぐらいでウォーズ3~2級位まではいける気がします。 ただこれだけだとひたすら王手をかけ続けて玉を追いかけ回してたまたま詰んだ(もしくは詰む形になった)みたいな感じになって 最悪詰ませられなくて逆転とかになりがちだと思います。

次に相手が何かしないと詰んじゃう形(詰めろ)やどう頑張っても次に詰んじゃう形(必至)を覚えておくと終盤の狙いがはっきりするので 終盤力が全然変わってくる気がします。

まずは1手必至を覚えてみるのがおすすめです。


とりあえず将棋の動かし方は知ってるけどその先どうしたらという方におすすめの棋書をご紹介させていただきました。

一旦は挙げた棋書を浅くで良いので繰り返し読み込めばウォーズ2級ぐらいはいけそうですし、将棋中継の見方も変わると思います。

*1:序盤で飛車の位置を横に動かして指す指し方

*2:自分から見て左から4番目の位置に振るスタイル

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ IT系サラリーマンへ